スポンサーサイト

category: スポンサー広告  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--

中国の報復? 希土類のあれこれ

category: 日記  

少々遅れ気味のネタですが、
尖閣諸島の事件の報復として差し止めされた希土類。
さらにどうやら欧米相手にも同じことをやったようです。

【米国ブログ】欧米にもレアアースを禁輸

さて、ここで疑問になるのが、
希土類って中国にしかないの?ってことです。
ブラックラグーンでは確か南米で希土類をめぐっての話があったはずですし・・。

というわけで調べてみると、

中国(内モンゴル)が世界の産出量(12.4万t、2009年推定)の97%以上を占めているが、
中国は埋蔵量の3割にすぎない。
最近の研究で日本国内のマンガン鉱床に花崗岩を上回る割合で希土類元素が含有されていることが判明し、
現状打破の新たな資源として注目されている。

希土類採掘予定
カザフスタン(住友商事)2011年生産開始予定
ベトナム Dong Pao(豊田通商、双日)2012年生産開始予定
オーストラリア Duddo 2012年生産開始予定
オーストラリア Mount Weld 2012年生産開始予定
南アフリカ共和国 Steenkampskraal 2012年生産開始予定
アメリカ合衆国 Mountain Pass 2012年生産開始予定
カナダ Thor Lake 2014年生産開始予定
カナダ Hoidas Lake 2014年生産開始予定
グリーンランド Kvanefjeld 2014年生産開始予定
オーストラリア Nolan's Bore 2014年生産開始予定

参照:wikipedia 希土類元素

これさー・・。
世界の埋蔵量の3割しかないのに、
世界の97%を供給してたらすぐ無くなるんじゃね・・?

英語メディアが第三者の目で見た日中のデモ、浮かび上がるのは
--------------------------------------------------------------------------
中国政府に対する違和感。ノーベル経済学賞受賞者のポール・クルーグマン氏は『ニューヨーク・タイムズ』紙のコラムで、中国のレアアース輸出規制を取り上げて、「非常に不穏な感じがする(I find this story deeply disturbing)」と書きました。「世界最新の経済超大国は、その地位に伴う責任を担う用意がないようだ。残念ながら、漁船事件に対する中国の反応はこのことを更に裏付けるものだった」と。

「主な経済大国は通常、国際システムにとっての利害は自分にとっての利害でもあると認識しているので、経済戦争を選ばない。ひどい挑発を受けても。中国によるひどく保護主義的な為替レート政策について、アメリカの政策担当者がどれだけ呻吟と逡巡を重ねてきたかを見れば、それは明らかだ。しかし中国は、政治紛争を意のままにするため、通商上の力関係を何のためらいもなく駆使した。国際通商法にあからさまに違反しているのに(そんなことはしていないと否定するが)。レアアースのエピソードを中国のほかの国際商取引の振る舞いと足し合わせると(中略)、そこに浮かび上がるのは、ルールを守ろうとしない、ならず者の経済超大国 (rogue economic superpower) の姿だ。問題は、では私たちはそれについてどうするつもりなのか、ということだ」
--------------------------------------------------------------------------

さて、
周辺国への侵略問題(インド、インドネシア、日本)に加え、
経済世界でのルール違反で欧米まで牙を向いている中国ですが、
逆に言えば、そうまでしないと国が保てないところまで来ているとも言えるのではないでしょうか。



2010_10_22

Comments

No title 

世界の97%をということは「掘って良い場所が潤沢にある」ということにもなりますね。
鉱床自体はあっても、私有地の下であったり将来的な陥没の原因になったりしたり、将来的なものを見据えると掘るためには検証が必要な国が多いんでしょう。
ぶっちゃけ、金になるから所有者は将来を見据えず、また所有者が嫌がっても国が共産を振りかざして「国に徴収する!」で取り上げて掘りまくるとか。
鉱床ということから固い岩盤という想定になりますが、それらを削ってしまえば土壌が弱くなってしまい建築物を載せるに危惧せざるを得ない状況になってしまうのは簡単に想像できますからね。

そのうち、中国のある部分全部陥没して海になるんじゃ…?
通りすがりのMG  URL   2010-10-23 15:02  

No title 

>とおりすがりさん

国(政府)が倒れる前に国(土地)が倒れるわけですね。
さすが中国、他の国ではできないハイセンスぶりです。
Luminous  URL   2010-10-23 19:34  

No title 

レアアースは世界中にあるけど、抽出にコストがかかるらしいですねぇ。
国家としてそれを外交コストに向けられるのはすごいと思います。

国内資源が枯渇しても、ノウハウは残る・・・かも。
残ったとして、それをどう吹っかけるかが今後の課題?
brave  URL   2010-10-24 17:54  

No title 

>braveさん

中国のノウハウって・・w
人を使い捨ての道具扱いにしてひたすら掘らすことか?w
共産主義だから出来るやり方、出せるコストで、
土壌汚染、公害垂れ流しの中国のやり方に価値はないとおもう。

現時点の中国の外交は、
ぶっちゃけいつWW3が起きてもおかしくないレベルじゃないか?
Luminous  URL   2010-10-25 06:32  

 管理者にだけ表示を許可する

10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

りゅみなー

Author:りゅみなー

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

FC2カウンター




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。